香水や口紅をつけるように「キャンドルのある生活」を日常に取り入れてみませんか?

LINEで送る
Pocket

こんにちは、STYLISH jewelの野中です。

夢のようなゴールデンウィークが随分昔の話のよう。毎日を慌ただしく過ごされていませんか?

相変わらずオフィスでの明るすぎる蛍光灯の下、何時間もパソコン画面とにらめっこという方も多いでしょうね。

ブルーライトから受ける外的な刺激に加え、絶え間なく更新され続ける大量の情報をインプットしてはアウトプットし、そろそろ頭が「ねえ、ちょっと休憩しない・・・?」と言いたげかも。

さて、酷使した目と頭を休ませるために、『キャンドル』を活用されている方も多いかと思います。

ロウソクの炎の優しい揺らぎをじっと見つめると、不思議と瞑想に入ったような、そこだけ時間が止まったような感覚になりますよね。

\今回はそんな『全てのキャンドルファンの方』へ、スタッフいち押しのキャンドルブランド『STONEGLOW』のご紹介です!/

イギリス・ロンドンより生まれたこのブランド『STONEGLOW』のキャンドルは、、、

熟練した調香師が最高の素材を使い、一つ一つ丁寧に作り上げます。姿形が美しいだけではなく、その炎と香りは、あなたを現実世界から解き放ち、至福に満ちた時間をお届けするでしょう。

まさにその通りでした。

お部屋を暗めのダウンライトに切り替え、そっと火を灯してみましょう。するとキャンドルの美しい造形が、炎によって作り出される光と影が神秘的に混ざり合い、ふわっと浮き上がります

IMG_4977

まるでアートアクアリウムを見ているよう・・・。とっても繊細で美しい造形です。

ジェルの中のお花は、生花をコーティングしているため、花びらや色合いなどが1個1個違います。

世界にたったひとつだけ、自分だけのオンリーワンなキャンドルになるんです。

IMG_4976

※写真は『コットンフラワー』

まるで部屋の中が、何かのコンセプトによって形づくられた美術館のような、非現実な空間の中で極上の安らぎを与えてくれるような、そんな感覚になります。

昔、庭先の花壇から顔を覗かせていたバラと百合の、なんだか懐かしくて優しい香りを思い出させてくれました。

そこへさらに、ホワイトムスクとサンダルウッドを絶妙なバランスでブレンドされていて、もうなんだか自然の中から『そこだけを新鮮なまま切り取ったような』、そんな香りに包まれます。(※種類ごとに香りは異なります)

種類は、ローズにワイルドフラワー、ラベンダーやレモングラスといった、充実のラインナップです!

自分だけの『プライベートなリラクゼーションルーム』が、キャンドルひとつで叶ってしまうなんて素敵ですよね。

またSTONEGLOWのキャンドルは、デザイン性が素晴らしいので、お部屋のアクセントとして飾っていただいてもとってもお洒落です。

・・・ですが! 特にオススメしたいポイントとしては、ロウソクが無くなってしまっても、外枠のデザイン部分とキャンドル部分がセパレートされているため、”何度でもキャンドルの詰め替えが可能”だというところなんです!

IMG_4980

本体価格¥4,200+tax、詰め替えキャンドル¥600+tax サイズ:90 x 80mm 15時間

キャンドル本体と一緒に、詰め替えキャンドルを購入いただくお客様もとても多いです!

ひとつお手もとに置いていただければ、永久的に美しい炎と美しい香りをお楽しみいただけるということです♪

コスパも良いとは、恐れ入りました・・・

\告知/2016年3月16日〜2016年9月半ばの長期に渡り、兵庫・西宮阪急2F アクセサリー売り場 「STYLISH×GIRL’S TALK POP-UP SHOP」がオープンしました!STONE GLOWもご紹介していますので、関西の方はぜひ、お手に取って香りをお試しくださいね♪

IMG_0703

ぜひお気軽にお立ち寄りください、お待ちしております♪

お出かけ前に香水をつけるように、口紅を塗るように。『STONEGLOW』のキャンドルが、あなたの生活を彩るリズムのひとつとなりますように。

自分へのご褒美にも、大切なひとへのプレゼントにも、本当にオススメです。

STONEGLOWのご購入はこちらからどうぞ♪

オンラインショップ(トップ)はこちら

Instagramでフォロー:@stylish_1225

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>