2016年夏、まだまだ「デニム旋風」は吹きやまない!

LINEで送る
Pocket

2016年の春夏も継続してトレンドの最前線を走る「デニム」。

インディゴブルーがトレンドカラーと指定されたのをきっかけに、瞬く間に再度デニムへの注目が集まった2015年。

2016年の今年も、まだまだワードローブには必須といえる主役級のアイテムになりそうです。

以前ブログで紹介したSTYLISHのデニムアクセも、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いでご好評いただいています。

S__2146351

トライバルフリンジラインストーン・バレッタ風ポニークリップ

こちらのトライバルクリップをはじめ、いまや『デニムシリーズ』は、STYLISHの代名詞ともいえるスパンコールのリボンバナナクリップと肩を並べるほどの人気アイテムになっています!

もし手元にデニム素材のワードローブが無くても、お手軽にイマドキ感を演出できるのでとってもオススメですよ。

デニムといえば、最近じわじわと『デニム・オン・デニム』のファッションに身を包んでいる人を街中で見かけることも多いかと思います。

ひと昔前までは、『デニム・オン・デニム』なんて、それこそ『ひと昔前のファッション=ちょっと時代遅れ』の代名詞だったのに、流行は巡り巡っていくんだなあとしみじみ実感。
ならばここ数年すっかり着る機会が無くなってしまっている”あの服””この服”も、いつか使えるかもしれないからやっぱり売るのやめたー。とアンチ断捨離を心の奥底で宣言してみたり。

話が逸れましたが、とにもかくにも、今年の夏も、まだまだ『デニム』を積極的に取り入れていって大丈夫です!

しかしデニムを取り入れる際に気をつけたいのが、サイズ感。

デニム生地は、そもそも単体での素材感が強いため、その存在感はかなりのものになります。

ちょっとでも洋服のサイズが合ってなかったり大きすぎたりすると、突然、野暮ったい印象になりがち

そこで!「デニムをうまく取り入れたいけど、オシャレ上級者のように着こなす自信がない」という方でも安心。STYLISHのデニムヘアアクセが大活躍!

・ヘアアクセなので、洋服のようにサイズの心配をしてくてもOK
・シンプルなコーディネートにこそ映える個性の光る、なのにしっかり馴染むデザイン


デニム×フリンジ・バナナクリップ


デニム×クリアストーン・バレッタポニークリップ


デニム×パールフラワーバナナクリップ


デニム・ビックリボン・シュシュ


デニム×チェーン・バナナクリップ

まだまだ目が離せない『デニム』! これから活動的になる暑い夏に向けて、白無地Tシャツ1枚のシンプルコーデにプラスアルファのオシャレ、なんていうのも粋ですね!

オンラインショップはこちらから

Instagramでフォロー:@stylish_1225

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>